スポンサーリンク

顔への馬油の効果的な使い方とブースター使用できるおすすめ商品

スポンサーリンク
顔への馬油の効果的な使い方とブースター使用できるおすすめ商品 外国人モテ美容法
スポンサーリンク

管理人みやこは現在ドイツに住んでいますが、先日、家の近所を散歩していたら馬さんの宿舎を見つけました。

ドイツの馬

太陽の光をあびてツヤツヤですね〜

小屋にいる馬は、足の裏の蹄鉄(ていてつ)を付けられている最中のようで「カーンカーン」と音が響いていました。


馬さんは痛くないのかな?


普通の道でお散歩もしていました。
(ビックリしたので写真がブレブレです)

ドイツの馬
スポンサーリンク

馬といえば…『馬油』を連想してしまう美容オタク

管理人みやこはかなりの『馬油』ユーザーです。

もともと乾燥肌なので、アーモンドオイルやホホバオイルなどオイル系が大好きで用途によって使い分けていますが、その中でも馬油は動物性由来のオイルなので使い道が多いです。

毎日の使用としては洗顔後やお風呂上りに化粧水の後にフタをする役目として、手の中で温めてから顔全体に塗っています。

馬油はベタベタすると思われがちですが、肌に馴染みやすく、すぐにしっとりとした肌感になります。


乾燥が気になるお年頃なので、保湿と乾燥肌対策に馬油はぴったりです。

頭のマッサージ

そのほかに馬油を頭のマッサージにも使います。

指に適量をつけて、地肌を洗うようにマッサージします。

そのあと髪の毛を根元から引っ張るとより効果的です。

血流が良くなり白髪対策や美髪の育成によいです。


小鼻の角柱対策にも

また下記のように、小鼻やアゴのザラザラ対策にも馬油は最高です。

馬油の使い方
いろんなオイルを試した結果、馬油が一番!



マッサージなどには安いソンバーユを使っています!
ドラッグストアでも気軽に買えていいです。

馬油はブースターとしても優秀

実は馬油は化粧水などの浸透を良くする「ブースター」としても使えるって知っていましたか?

(洗顔後に一番最初に塗って、次に使う化粧水などの浸透をよくすることです。)


「オイルなのに水分より先に?!」と私も意外だったのですが、馬油を塗ると次に塗るものの浸透を促進する効果があるようです。

で、もちろん私も試してみましたが、いつも使っている安めの馬油だとちょっと重たい感じがして、ブースターとして使うのはやめてしまいました。

ですが最近ブースターとしてかなり良い馬油を発見してしまいました!

横濱馬油商店 生馬油 こうね100% 50g


横濱馬油商店 生馬油 こうね100% 50g 


横濱よこはま馬油商店というお店のこうね100%の馬油です。

この馬油、普通のよく売っている馬油と違うところは『こうね』と呼ばれる、馬のたてがみ下のわずかにしかとれない部位を100%使っているところです

馬のこうね


こうね馬油は一般的な馬油よりもさらに融点が低いため、浸透性が高く、かなり伸びがよいです。

なのでブースターとして使用してもまったく重くならず、次に使う化粧水がぐんぐん肌に入っていきます。

しかも、添加物・保存料・香料など一切使用していない天然ピュアオイル。

なんと食品レベルのこうね馬油なので、口の中に入ってしまっても問題ないそうです。


みやこ
みやこ

洗顔後の肌に一番最初につけるものは無添加がいいですよね

おかげで肌の乾燥しらずでモチモチです!


人気があってレビューもたくさんあるので参考になります。

クリックしてもすぐに購入になりませんので、お気軽に見にいってみてください

まとめ

最後にもう一度、管理人みやこおすすめの馬油の使用方法をまとめておきます。

【馬油のスキンケアとしての使い方】

◆ 化粧水の後のフタとしてクリームとして使用

◆ 頭皮マッサージに使用

◆ 小鼻周りのケアに

◆ 化粧水の前のブースターとして使用


万能な馬油を毎日のスキンケアに加えてみてはいかがでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました