スポンサーリンク

【結婚】婚前契約書ってなに?

スポンサーリンク
婚前契約書
スポンサーリンク
困ってる人
困ってる人

彼氏から「婚前契約書を作りたい」と言われたんだけど、よく分からないよ!

パートナーから「婚前契約書を作りたい」と言われたらどう思いますか?

まず『婚前契約書』って何だろう?!と思いますよね

英語では「プレナプシャル・アグリーメント(prenuptial agreement)」と言い、「プレナップ」とも略されているようです。

普通に考えれば「結婚する前にお互いが決めるルール…」っぽいニュアンスは感じますが、実際の中身はどんな内容が盛り込まれるのか?法的な拘束力はあるのか?そもそもなぜあなたのパートナーは作りたいと言ってきたのか?!

今回は日本でも徐々に話題になっている『婚前契約書』について書こうと思います。

外国人パートナーが婚前契約書を作りたいと言ってきた!

私がドイツ人のカニさんと付き合って12年経った頃、いろいろきっかけがあり、ついに入籍をしようという話になりました。

私が単純に「ドイツ人と婚姻届の出し方」をググっていた頃、カニさんが言いにくそうに「婚前契約書」を作りたいと言ってきました。

聞けばカニさんのドイツ人の友達のお父さんは、奥さんと離婚する際にこの婚前契約書を作っていなかった為に、待遇や金銭面で大変なことになったそう。

それで私との結婚の前にも婚前契約書を作っておきたいと思ったそうです。

結婚する前に離婚のことを考える?!外国人の感覚

まず私の感想は「結婚する前に離婚の事を考えるって、それって別れる未来もあるってこと?!」という負の感情でした。

結婚=幸せなゴール と考えて、フワフワした未来に浮かれていた私と同じような感情を持つ方は多いのではないでしょうか?

「離婚する可能性が少しでもあるなら結婚なんかしないほうがいいじゃん…」とふてくされる日々が続きました。

また私の周りには、日本人はもちろん、外国人と結婚した友人でも婚前契約書を作った人はいませんでしたので、これが何物かもよく分かりません。

しかしながらカニさんと結婚するには、この婚前契約書の問題を片付けないと先に進みませんので、いろいろ本を読んだり、ネットサイト等を調べてみました。

そこでなんとなく分かったことは、

  • 日本ではまだ一般的ではないが、婚前契約は元々ヨーロッパが起源とされており、それが世界に伝わったとされている 。
  • ドイツでは結婚は簡単だが、離婚は必ず弁護士を立てて裁判所で行われるため、泥沼化することが多い。
  • 裁判になった時に揉めないように、事前に明文化しておく。

まぁそれで西洋人のカニさんが作っておきたいといったのも分かる気がする・・・。

でもやっぱり離婚時の裁判前提で、なんとなく後ろ向きな気がしてしまいます。

そもそも婚前契約書とはなんだろう

もう少し、自分なりに婚前契約書のことを考えてみました。

婚前契約書は、カップルが結婚する前に結婚後の生活全般についてお互いの認識の齟齬(そご)が無いように取り決めておくものです。
たとえパートナーが外国人でなくたって、生まれてから全く違う家族や環境に囲まれて成長してきた二人ですから、自分は当然と思っている考えが、相手にとっては不自然であることもあると思います。
不自然なレベルならまだしも、その考えが許せない場合もあるかもしれません。
そういった考えの差を事前に洗い出して、問題になりそうなところは二人でルールを作って明文化していく・・・それが婚前契約書だと私は思います。

法務上正しい文言で作成し、公正役場で承認してもらい、正規の文書として残すことも出来ますが、自分たちだけでこの契約書を作ってとっておくことも出来ます。
自己作製の場合でも法的拘束力を持つとのことです。
※厳密に有効になるかどうかは内容や書き方にもよると思います。

実際に内容に盛り込むことは、夫婦によって様々です。下記はほんの一例です。

  • 家事や育児の分担について
  • 家計の運用方法について
  • 親との同居や介護について
  • 離婚時の慰謝料について
  • 離婚時の財産の分配について(家や車、ビジネス等)
  • 子供の親権について

夫婦にとって決めることは十人十色ですね

結論:いやこれ日本人も作ったほうがいいよ

初めは「結婚前に離婚の話なんて、縁起の悪いものだなー」と思っていましたが、実際に婚前契約書を作ろうと思ってパートナーと話すと、10年以上付き合っていた間柄でも「え?そんな考えなの?!」と驚くことが多く、「こんなに不明確な状態で結婚したら、そりゃ不仲にもなるよね」と思う項目が多かったです。

つまり婚前契約書は、「離婚をした時の備え」ではなく「離婚をしないための備え」だと思いました。

日本人にももっと定着したらいいと思います!

次回は、実際に婚前契約書を作成して、公証役場へ申請する話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました